補助事業をしたい

補助申請のしかた

平成23年度 補助方針

別添1 機械:補助の対象となる事業について

I.振興事業補助

1.重点事業

(1) 機械工業における安全・安心に資する取り組みに関する事業のうち、特に人命事故に関わるもの

(2) 機械工業における安全・安心に資する取り組みに関する事業

(3) 環境にやさしい自転車社会づくりに資する事業並びに自転車・モーターサイクルに関する事業

(4) 機械工業における標準化の推進に関する事業

(5) 公設工業試験研究所等(以下「公設試」という。)における機械等設備拡充事業

2.一般事業

 自転車・モーターサイクルその他の機械に関する事業の振興に資する事業であって、重点事業以外の以下の事業

(1) 機械工業におけるものづくり支援に資する事業
 先端技術の開発、知的財産の創出、付加価値の向上及び新規事業の創出等

(2) 機械工業における地域の中堅・中小機械工業の振興に資する事業
 中堅・中小企業の事業基盤の強化、新規事業の展開

(3) 機械工業における環境、医療・介護関連分野に資する事業
 3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取組、省エネルギーの推進、新エネルギーの開発、医療・介護関連機器の開発等

U.研究補助(少額案件)

1. 対象となる事業

 自転車・モーターサイクルその他の機械に関する事業の振興に資する研究開発事業

2. 研究補助の種類

(1) 大学等研究機関、特定非営利活動法人(NPO法人)、技術研究組合に所属する研究者による個別研究(以下「個別研究」という。)

(2) 大学等研究機関、特定非営利活動法人(NPO法人)、技術研究組合に所属する若手研究者※による個別研究(以下「若手研究」という。)
※ 若手研究者とは平成23年4月1日現在、40歳以下の研究者を指します。