補助事業をしたい

補助申請のしかた

平成22年度 公益事業振興補助事業

公益事業振興補助事業

6.事業費の経費の基準

 平成22年度公益事業振興補助事業における施設の整備事業、機器の整備事業又は車両の整備事業以外の事業については、以下の基準によるものとする

表9
経費の区分 経費の種類 対象経費 限度額 備考
旅費 国内旅費 運賃、日当、宿泊料 JKAが必要と認めた額 特別車両料金は認めない
同一日、同一人の「日当」と「謝金」との重複は認めない
運賃は算出基礎が証明できるもののみ対象とする タクシー代は原則対象としない
交通費 委員会等に出席するための交通費 1回につき
1,000円
手当 委員手当 委員会等の委員長
委員会等の委員
1回につき
10,000円
9,000円
委員として学識者又はこれに準ずると認められるものを委嘱した場合
謝金 指導員等謝金 専門的な業務等に従事させるための謝金 1日当たり
9,000円
指導員等として学識者又はこれに準ずる者を依頼した場合 同一日、同一人の「日当」との重複は認めない。同一日、同一人に係る旅費、謝金の一覧を提出するすること
講師   1日当たり
50,000円
1時間につき
15,000円
講師として講習会、セミナー等に学識者又はこれに準ずると認められる者を依頼した場合
会議費 会議費 茶菓代 1日1名当たり
500円
 
原稿料 原稿料   400字詰原稿用紙1枚につき
2,500円
 
臨時傭役費 臨時傭役費 日当 1日1名当たり
6,000円
半日1名当たり
3,500円
交通費を含む
ビデオ製作費 ビデオ製作費 ビデオ・DVD・CD-ROM製作費
3,000千円
 
借上料 会場借上料
車両借上料
機械等借上料
講習会、セミナーその他の行事のためにその期間中一時的に借上げるための経費
(長期借上は除く)
JKAが必要と認めた額  
会場費 会場設営費
看板代等
  JKAが必要と認めた額  
その他 印刷費
図書費
資料購入費
翻訳費
その他
上記以外の必要な経費 JKAが必要と認めた額