補助事業をしたい

補助申請のしかた

平成22年度 公益事業振興補助事業

公益事業振興補助事業

1.公益の増進

(1) 施設の整備事業

 施設の整備に係る基準面積と初度調弁費は以下によるものとし、建築の単価等基準については、「5.施設の整備事業の単価等基準」(P.11)による。

表1
施設別 基準面積(平方メートル 初度調弁費(千円) 補助対象部門
更生保護施設 1名当たり  27.7
(ただし、収容定員が23名以下の施設の整備を行う場合には、20名を限度として算出し、1名当たり 5.5を加算)
個室整備については1室当たり 2.9を加算
JKAが必要と認めた定員
1名当たり  129 更生保護に必要と認められる部門
被保護者の集団処遇のための専用の集会室を設ける場合
1名当たり  4
   
上記集会室を、被保護者の処遇のために地域住民を活用する地域交流室として使用する場合(上記に加えて)
1名当たり  1
   
更生保護施設
職員宿舎
入居対象者は、更生保護施設に勤務する職員とする。
1名当たり 19
1世帯 47
入居対象者数は、施設収容定員20人以下は4人、21人以上は10人(10人未満は10人として取り扱う)増すごとに1人加算
初度調弁は補助の対象としない  
犯罪被害者等の
一時保護施設
1施設  500 1名当たり  129  
一時保護施設への引越し費用 JKAが必要と認めた額
その他の施設 JKAが必要と認めた面積 JKAが必要と認めた額  

1更生保護施設の職員宿舎の整備
 緊急に建築することが必要と認められる場合に限るものとする。

2犯罪被害者等の一時保護施設
 基本的仕様は「犯罪被害者等一時保護施設の概要」を参照のこと。

(住居概要)


単身者用の個室及び2人以上の世帯についての居室を併せて整備すること。

会議室(多目的室)については十分な広さを設けること。

管理人室については必ず設置し、施設整備後は管理人が常駐すること。

(2) 基礎的研究用機器の整備事業

基礎的研究に係る機器の種類と基準単価は以下によるものとする。

表2
種類別 基準単価(千円)
基礎的研究用機器 X線コンピュータ断層撮影装置(CT) 36,700
X線テレビ装置 30,200
胸部X線撮影装置 6,600
乳房用X線撮影装置 10,200
生化学自動分析装置 21,000
自動血球計数装置 12,600
超音波診断装置(腹部) 6,000

(3) 検診車及び母子保健指導車の整備事業

1検診車整備事業

検診車の種類と基準単価は以下によるものとする。

表3
種類別 基準単価(千円) 備考
検診車 胃胸部併用X線テレビ検診車 44,100 生活習慣病又は職業病の検診を目的とするものであること
胃部X線テレビ検診車 40,950
胸部X線テレビ検診車(高圧) 21,000
婦人検診車 23,100 乳房用X線撮影装置を搭載したものであること
循環器検診車 16,800 上記検診の補完を目的とするものであること

2母子保健指導車整備事業

原則として1,000ccクラスの車両とする。

(4) 事業費

経費の基準については「6.事業費の経費の基準」(P.13)によるものとする。